2004年 5月 8日(土)

ICチップ入りシューズ(Adidas1)

AFNのモーニングショウの中で
ポール・ハーベイのニュースコラムで「ICチップ入りの靴が出たけど買う? 250ドルだけど..」と聞いた。
だが、詳細をちょうど聞き取れず、よくわからんかった。。
すごい気になるんだけどな。

(2004年5月9日追加)
見つけました! アディダスのAdidas 1でした。
GIZMODOで見つけました

The Times' Circuits section accidentally reports about something interesting this morning when they talk about the development of the new 'Adidas 1' self-adapting running shoe. Although the article is too busy getting quotes from Rob Enderle to actually break down what exactly the shoes do to adapt, I was able to triangulate that an internal sensor is connected to a 20-megahertz microprocessor inside each shoe which takes a series of readings, adjusting the amount of cushioning to the environment and foot-position. No one cares about that, though, because the Adidas 1 has shiny LEDs and a computer inside of it, and that will guarantee it at least some degree of success, even though they are a $250 pair of shoes that require a fresh set of batteries every 100 hours.

両方の靴に20MHzのマイクロプロセッサを内蔵しており、周りの環境や靴内部での足の位置からクッションを調整する。100時間毎にバッテリの交換が必要なの?

http://www.technovelgy.comの図と総合すると、踵部分に内蔵したセンサーで路面の堅さや、ランニングスピードを関知して土踏まずの下あたりに内蔵したマイクロプロセッサが最適なクッション圧を調整するようになってる。

この考えをテニスシューズやそのほかのアディダスシューズに展開するんでしょうな。

$250か。。うーーむ。もう少し安いのなら考えるけど・・


Posted by thomas at 2004年05月08日 13:56 | トラックバック / アフィリエイトはエーハチネット

« ETC | Main | Cocoon(コクーン)新都心 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://test.uwan.net/mt-tb.cgi/134