2004年 6月 10日(木)

富士通とサムスン、プラズマパネル特許訴訟で和解

富士通の完全勝利でした。普通、こういった係争の和解って「特許料****億円+ロイヤリティ0.0*%を富士通側に支払う」という話になりますよね。ちょっと書けないんですが、相当な特許料を払うらしいですな。富士通が想定していた額を満たした(三星SDIにとっては想定外)ので和解に応じたと見るべきでしょう・・。 三星SDI側も数千億かけて建てた工場もロイヤリティと特許料を払うために、死に物狂いで稼動させないきゃ大変だね。

富士通とサムスン、プラズマパネル特許訴訟で和解  富士通と韓国サムスンSDIは7日、プラズマパネルの基本技術の特許を侵害しているとして、富士通がサムスンSDIを日米で提訴していた問題で和解することで合意した。和解内容の詳細は明らかにしていない。富士通とサムスンSDIは双方を相手取って起こしていた訴訟や申し立てをすべて取り下げる。


Posted by thomas at 2004年06月10日 09:27 | トラックバック / アフィリエイトはエーハチネット

« 標準周波数報時シミュレータSTEMU | Main | 腐った大根入りギョーザを韓国業者が輸出 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://test.uwan.net/mt-tb.cgi/646

このリストは、次のエントリーを参照しています: 富士通とサムスン、プラズマパネル特許訴訟で和解:

» PDP特許紛争(2) from Nanyasoreの日記
昨日に引き続き、韓国ネタ。 そういえば、半年ほど前に富士通vsサムスンが同じPDP特許でやり合ってましたね。  調べると、その時の韓国政府の対応も今回の対応(昨日の日記参照)と全く同じだったんですね。  そして、富士通とサムソンがスピード和解・・・その内... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2004年11月05日 11:13