2004年 6月 12日(土)

イオンとシャープ和解、液晶テレビ撤去で取引再開


イオン側が相当な危機感を感じたのか..??あまりにもあっけない展開。
特許紛争の方は徹底的にやってくれ。

イオンとシャープ和解、液晶テレビ撤去で取引再開

 大手スーパー「ジャスコ」などを展開するイオンが、台湾製液晶テレビの販売を巡って対立したシャープとの取引を全面的に中止した問題で、イオンとシャープは11日、取引を同日再開したと発表した。

 シャープの大塚雅章専務がイオン本社(千葉市)でイオンの古谷寛副社長らと協議し、シャープがイオンに事前説明が不十分だった点を謝罪する一方、イオンも問題となった液晶テレビの販売を当面取りやめ、店頭から撤去することで合意した。


Posted by thomas at 2004年06月12日 00:52 | トラックバック / アフィリエイトはエーハチネット

« 電車男 | Main | NECが乗り出すパソコン低価格戦略 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://test.uwan.net/mt-tb.cgi/652

このリストは、次のエントリーを参照しています: イオンとシャープ和解、液晶テレビ撤去で取引再開:

» こどもの喧嘩のあっけない結末 from 経済オンチ、日経を読む
昨日の段階で、ブログに書こうかどうか迷っていたのですが、そうこうしている内に決着しちゃいましたね。シャープの圧勝でした。 (日本経済新聞2004年6月12日朝刊より画像引用) [続きを読む]

トラックバック時刻: 2004年06月12日 23:06