2004年 6月 24日(木)

蘇る「新タワー」構想、これがラストチャンスか?

地上波デジタル放送での新タワーの必要性についてのコラム。
東京タワー隣接か、池袋か、秋葉原か、上野か、はたまたさいたまか?

蘇る「新タワー」構想、これがラストチャンスか? (1/2)
東京タワーに代わる「第二東京タワー」の構想は、これまで浮かんでは消えてきた。しかし、デジタル放送化を迎え、その必要性は待ったなしのところまで来ている。なかでも熱心なのがさいたま市。ラストチャンスともいえる今回、新タワー構想はようやく実現に向けて動き出しつつある。


Posted by thomas at 2004年06月24日 16:13 | トラックバック / アフィリエイトはエーハチネット

« Yahoo! JAPAN、「Yahoo!メール」の容量を8月から順次拡大 | Main | 「携帯電話事業は必ず参入する」と孫社長〓ソフトバンクの株主総会 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://test.uwan.net/mt-tb.cgi/982