2004年 6月 29日(火)

「Winnyの否定は、IT立国自体の否定」

極端に言えば、P2Pソフトがダメなのなら、車もナイフも、電車も、自転車もダメって論理も成り立つよな・・。

「Winnyの否定は、IT立国自体の否定」 Winny弁護団の事務局長は「Winnyを否定すれば、国際P2P競争で敗北は必至。経済的損失は計り知れない」と警告。著作権法の問題点も指摘した。

 「Winny開発者逮捕は、国策であるP2P技術の進歩を止めてしまい、経済・産業分野にまで悪影響が出る」――東京電機大学で6月28日に行われたWinny事件を考えるワークショップで、Winny弁護団事務局長・壇俊光弁護士はこう主張した。


Posted by thomas at 2004年06月29日 11:56 | トラックバック / アフィリエイトはエーハチネット

« Sharapova Shows Most Promise As Athlete(シャラポワに真のアスリートの姿を見た) | Main | iStudyの無料診断 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://test.uwan.net/mt-tb.cgi/994