2004年 8月 7日(土)

7月末の契約者数、ボーダフォンが純減に

2強2弱の時代..
ハッピータイム値上げによる客離れ?

7月末の契約者数、ボーダフォンが純減に

 電気通信事業者協会(TCA)は、2004年7月末現在の携帯電話・PHS加入者数を発表した。第3世代携帯電話の利用者が2,000万人を突破する一方で、PHSの利用者が500万人を割り込んだ。また、ボーダフォンが純減に転じている。

 携帯電話加入者数では、NTTドコモが225,700人の純増、auが219,700人の純増と、僅差ながらもドコモが2カ月連続で単月シェア1位となった。好調な上位2社とは対照的に、ボーダフォンは3,100人の純減となった。また、ツーカーは4,800人の純減となっている。


Posted by thomas at 2004年08月07日 06:44 | トラックバック / アフィリエイトはエーハチネット

« 国民生活センター、架空請求対策で怪しい業者名のリストを毎月公表 | Main | ジークフリートの冒険 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://test.uwan.net/mt-tb.cgi/1115