2005年 2月 3日(木)

W21Tのバーコードリーダ

機種変更して、付属機能として感心したのがバーコードリーダが付いていることであった。
最近流行りの2次元バーコード(QRコード)と1次元バーコード(JANコード)を携帯電話のアプリを起動してカメラに近づければ、アプリが読んでくれる。
ハンディリーダは昔からあるが、業務に使うわけでもないし、わざわざ購入するほどのものでもない。しかも高価。でも、携帯のオマケに付いているなら遊んでみたいなと考えた。
今。皆さんが読んでいる本の裏側にはISBNコードがバーコードとなっているはず。これを携帯に読み込ませて、なんか活用できないかな。。
自分が購入して読んだ本、図書館から借りた本などを読み込ませて感想をメモっておく。他人にも見えるようにウェブに公開でき、ついでにアフィリエイトで一儲け・・。といった利用法が出来そう。
本屋でイイなとおもう本のISBNコードを読み込ませて、書評をチェックして購入の参考にする。。とか。
活用法は色々出来そうです。

W21Tのバーコードリーダの場合、読み込んだデータを保存するとテキストファイルとなる。
このテキストファイルをメールの添付ファイルとして送り、送信して、DBに溜め込む。
溜め込んだISBNに関連するページを表示するCGIを組めば簡単に出来るな・・これ。


Posted by thomas at 2005年02月03日 09:39 | トラックバック / アフィリエイトはエーハチネット

« W21T - BREWアプリ一覧 | Main | つくば科学万博クロニクル »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://test.uwan.net/mt-tb.cgi/1379

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?