2005年 7月 29日(金)

韓流にはこりごりだ!

こんな本が出るのを待っていた。

幻の名古屋オリンピックへの妨害あたりから韓国は何かヘンだと感じ始めていた。

なんで「侵略」だと騒いでいるのか中学生の頃に疑問に思っていた。
なんで、大統領が替わると昔の大統領が逮捕されるのか疑問だった。
なんで韓国製の橋は崩壊するのに、併合中に日本が作った橋が未だに崩壊しないのか。
なんで竹島は日本の領土なのに韓国は実行支配をするのか。文句があるなら国際司法裁判所に出てこい。
なんで日本と朝鮮・韓国は戦争をしていないのに戦勝国気分でいるのか。



◆第1話「日韓共催ワールドカップの裏側」
韓国人に汚されたW杯サッカーの歴史

◆第2話「戦後補償問題」
永遠に要求される金と土下座

◆第3話「在日韓国・朝鮮人の来歴」
在日が歩んだ歴史と「強制連行」の神話

◆第4話「日本文化を盗む韓国」
日本文化の窃盗と著作権無視 パクリの実態

◆第5話「反日マスコミの脅威」
日本を内側から蝕む反日マスコミのプロパガンダ

◆第6話「ハングルと韓国人」
自称「世界一優秀な言語」ハングルの歴史と秘密

◆第7話「外国人参政権の問題」
外国人(=在日韓国人)が参政権を持つということ

◆第8話「日韓併合の真実」
朝鮮の近代化に努めた日帝36年の功罪

◆第9話「日本領侵略――竹島問題」
互いに領有権を争う日本と韓国 それぞれの主張

◆エピローグ「日韓友好への道」
◆特別編「冬のソナタと韓流ブーム」

◆コラム
「外が見えない可哀そうな民族」西尾幹二
「反日マスコミと韓国」西村幸祐
「自虐と嫌韓――嫌韓厨・考」大月隆寛
「竹島問題とは何か」下條正男

◆極東アジア調査会レポート
File 01「韓国人特有の精神疾患『火病』とは何か」
File 02「『スマトラ沖地震救援金』に見る韓国の国際貢献の在り方」
File 03「韓国における捏造・パクリの実態」
File 04「通名報道――朝日新聞だけ異なる容疑者の名前」
File 05「日韓合作『従軍慰安婦』問題の最終考察」
File 06「メディアリテラシーとインターネット」

マンガ嫌韓流
著者:
価格:¥ 1,000
出版社:晋遊舎
発売日:2005/07
詳細を見る...
by DualColors


早く読みたいのだが、アマゾンでも八重洲ブックセンタでも、丸善でもバカ売れで売り切れ。
(どっかの団体が買い占めたというウワサもあるが)

とにかく、韓流と言って浮かれている連中らに見せてやりたい。


Posted by thomas at 2005年07月29日 22:45 | トラックバック / アフィリエイトはエーハチネット

« WTA Singles Ranking (as of Jul?25, 2005) | Main | 韓国や北朝鮮の実態(韓国・北朝鮮特集コラム(Kの国シリーズ)) »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://test.uwan.net/mt-tb.cgi/1456

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?