2007年 3月 2日(金)

DEGEN DE1103 (愛好者3号)購入

会社のヤツが中国出張で深センに行くっつうので、ちょっと買ってきてくれと頼んで

中国製のゼネカバラジオと日本向け変圧器(中国は220V)を390元(約\5800)で買ってきてもらいました。

「愛好者3号」という笑ってしまう名前

100KHz-29999KHz 1KHzステップ AM/SSB 76?108MHz 25KHzステップ FM 268メモリ

165×105×29mm   重量:約300g

下に敷いた本(ステップコンバータ回路入門)の本はA5サイズ。これよりももう一回り小さいです。

改造で0KHz-39999KHzの範囲で受信可能。(40KHz/60KHzの電波時計に使われている標準電波も聞けます)

ダブルスーパーで第一段で55.845MHz,第二段で450KHzに変換してます。

チューニングは周波数ダイレクト入力と、チューニングダイヤルをぐるぐる回す二方法が取れます。ソニーのICF-SW55,SW77と同じ。感度は埼玉から札幌テレビ放送(1440KHz)やNHK大阪(666KHz)を受信してみたら、ICF-7600GRと互角かむしろ良い方だなー。かなりいいっ!

これで6000円しないとは・・中華ラジオ侮れないな

日本国内でも9000円弱で買えると思います。

今、279KHz(長波)のR.Rossii(ユジノサハリンスク)が安定していてロシア音楽を聴きながら書いてます。風情があっていいものですなぁ。ふと20年以上前のBCL少年を思い出してしまいました。


Posted by thomas at 2007年03月02日 13:53 | トラックバック / アフィリエイトはエーハチネット

« メモ | Main | DE1103 受信周波数拡大改造方法 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://test.uwan.net/mt-tb.cgi/1693

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?