2009年 5月 20日(水)

ScanSnap S1500を購入しました

ウチの本棚に占拠する本。

正直言いまして場所だけ取ってあまり読んでないので場所のムダ!

ということで、色々調べていましたら、ドキュメントスキャナで一括して取り込んでしまえばスッキリする!ということで、富士通のScanSnap S1500を購入してしまいました。

朝、7:30ころに通勤途上で携帯からアマゾンでポチッと。帰った頃には届いていました。お急ぎ便速い!!

早速展開。

で、早速ですが、本をバラしてみます。

本当はPLUSのPK-513が欲しかったのですが、ちょっと手が出ないので手動でやることにしました。

全て近所のドイトで手に入れてきました。

ドイトは日本で最初のDIYセンターですが、ドンキ傘下に入りました。で、メリットが。なんと、夜の12時までやってる!!

カッターはオルファのノンスリップAL型、替刃として替刃(大)特専黒刃 LBB10K (0.2mmの厚さなので切りやすい)、左側の二本の金属は本を挟むための添え木代わり(これは建材コーナーで135円でした)そこに滑り止めの粘着剤付きのゴムシート(300円くらい)を貼り付けました。

更に、この金属板を挟んで押さえつけるためのクランプ(@\198)

安全のための作業用手袋を使いましょう

本を挟み込むとこんな感じ

背表紙を5-7mm程度出した状態で何回も金属板に沿って切っていきます。

そうすると背表紙が落ちて、こんなようにバラバラに

慣れるまでちょっとコツが要りますが、なんとかガンバって!!

分厚い本はいくつかに分冊してからやった方が安全です。

キンコースが近くにある人は1冊105円で裁断してくれますので、このサービスを使うのもいいでしょう。

最後に、スキャンスピードはこんなもんです。


Posted by thomas at 2009年05月20日 01:21 | トラックバック / アフィリエイトはエーハチネット

« ウィルコム WS002IN "DD" 入手 | Main | ScanSnap S1500の使い勝手 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://test.uwan.net/mt-tb.cgi/2551

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?